カラコン ボシュロム

大きい目よりも大きなもの。

私は目つきが悪いと言われることが多い所謂「三白眼」です。その私が、サークルレンズを使用してみて感じたこと。目力が他人に与える印象、それはとても大きなものだということを実感しました。その変化は、普段からよく顔を合わせる家族や友人でさえ、その変化に気付いた程です。

 

接客という仕事をしている関係上、「目」が初対面の相手に与える第一印象は、決定的なものであり、その後の関係にも影響を及ぼす重要な要素となります。第一印象は、笑いたくなくなくても笑顔で、話下手でも積極的に。が私のポリシーですが、過去に言われた「目つきの悪さ」が常に頭をよぎり、あと一歩が踏み込めない事が悩みでした。

 

そんな時、同じ悩みを持つ友人から勧められのが、黒目を大きく見せてくれるサークルレンズ。普段からボシュロム製品を使用していたこともあり、私が選んだのは、同社のナチュレール(ピュアブラック)でした。

 

いざ商品を手にしてみて感じた印象は、「だた縁が黒いだけの中途半端なレンズ、カラーコンタクトの方がいいのでは」という事でした。しかし、実際に着用してみると、黒目と白目の境界がクッキリとし、また眼色のコントラストがハッキリする事で、主張のある眼力を実感する事ができました。

 

このレンズに出会ってからは、今まで悩みだった「目つき」の事に関しては、何も指摘されなくなっただけでなく、さらに、その目力が魅力的だと初対面の方からも褒められる程でした。

 

悩みを気にしなくても良いという解放感、それこそが自信へと繋がり、自分を一歩前へと後押ししてくれたように思います。私に「自信」を与えてくれたことがこの商品の大きな利点だったのです。

 

サークルレンズを着用していなくとも、一度自分のものになった「自信」、それこそが私の目を輝かせてくれていることも実感できます。或る人にとってはただ目を大きく見せるだけのコンタクトレンズ、私にとっては見た目以上に、大きくて大切なものを与えてくれたのがこのコンタクトレンズなのです。